リザードンに未来はあるか。

リザードン入りのガラクタ構築使ってます

準速剣舞ゴーストZギルガルド

 

 

びぶおふ!前日の3/10に受けループに強く出れて

 

なるべく汎用性を落とさないポケモンを探していたところ

 

6世代の頃にいたSを振った残飯剣舞ギルガルドからヒントを得て

 

この型にいきついた。

 

 

自慢のギルガルドとか思っていたら

 

他に似たような配分(その方は準速ASぶっぱでした)で使ってる人もいたので

 

 

二番煎じのような感じではあるが

 

記事にすることにした。

 

 

 

 

f:id:tsukahaya17:20170314124224g:plain

ギルガルド@ゴーストZ

意地っ張り

H124 A124 D4 S252(DL対策で余り4を振らなかった)

151-204-170-x-171-112

(Aはブレードフォルム時、BDはシールドフォルム時)

 

シャドークロー

影うち

剣舞

アイアンヘッドor聖なる剣

 

 

 

〇DL対策が気にならないなら

 

余りの4とDはAにまわしていいとおもいます。

 

エアームドスイクンなど80族付近の物理受けや

 

ミラーでも上からシャドークローZで

 

 

処理が可能なのも偉いと思った。

 

 

詳しいダメ計はしておりませんが

 

素のAラインは

 

僕はリザードンの障害となるガブリアスに対して

 

シャドークローZ+影うちで無振りガブリアス

 

ちょうど確定まで振り

 

最低でも1:1を取れるように振った。

 

 

もう少しHPのラインを陽気ガブリアス地震確定耐えくらいまで落として

 

Aに振ってもいいかなと思いました。

 

 

ゴーストZは通りの良さやミラーや

 

シャドークローの火力の底上げができることを

 

評価して採用したが

 

 

他にも格闘Zを持たせることでガルーラ対面で強く出れたり、

 

ガブリアスに対して信用し難い乱数だが落とせたり

 

HBポリ2に対して剣舞Zで飛ばしたりと

 

格闘Zも面白いなと感じました。

 

 

Sを振ることで本来上を取れない相手から

 

上を取り突破したり

  

単純に自分の物理メガエースであるガルーラや

 

ボーマンダなどの障害となってくる

 

物理受けポケモンに対して落とせずとも崩すことが可能なので

 

非常に面白いと感じました。

 

 

 耐久を削った分受け出し性能はやや減りましたが

 

それでも元々の耐久の種族値の高さや

 

耐性が非常に優秀なので

 

低火力やタイプ受けに対しては問題ないと思います。

 

 

 

最後まで見てくださった方はありがとうございました。

 

 

 

あくまでも二番煎じのような感じですが

 

 

個人的に面白いと思ったポケモンです。